羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

音楽室の朝

二人めの女性は、ザイロフォンの演奏家

小学校の音楽室が、自分のはじまりの場所だと話してくれた。

 

音楽の授業でザイロフォンに興味を持ち、もっと弾きたくてたまらなかった。

先生に話してみると、朝早い時間だったら弾きにきてもいい、といわれた。

翌朝から早起きして登校し、音楽室への階段を駆け上がった。

 

朝の光が、ザイロフォンのおもてに反射していたの。

あたりが金色に見えた。

そのなかにわたし一人。

夢中で叩いた。

楽しくて楽しくて、時間を忘れた。

チャイムが鳴るとくやしいの。

ザイロフォンと別れて音楽室を出ていくのがつらかったわ。

 

自分とザイロフォンの関係はそこで生まれた。

以来なにも変わっていない。

音楽の先生がゆるしてくれたことにいまも感謝している。

 

彼女のきりっとした目鼻立ちを見ながら話を聞いていると、小学生のころの顔も重なってくるようだった。

横顔もきっと変わらないのだろうな。

朝の光が彼女とザイロフォンを包んでいるさまは美しい。

音楽の妖精の視線を借りて、わたしもそこにいる気持ちだった。

 

広告を非表示にする