羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

初恋文

19歳の1月3日。

初めて好きになった人とお茶を飲んでいた。

「水車」という喫茶店。

レモンは厚切りで紅茶に沈んでしまい、青い文字のハンコがくっきり見えた。

 

わたしの隣には観音竹の鉢があった。

うん、うん、とうなづくたびに、観音竹の葉っぱの先が頬に刺さる。

それでもうなづいていたら、彼が話をやめて、わたしのほうへ手を伸ばしてきた。

 

「これさ」といって、葉っぱをくるりと丸めて結んだ。

先は頬からそれた。

横目で見てみたら結び文の形。

 

それからは安心してうなづけた。

頬に刺さらないのを確かめては二人で笑った。

 

 

広告を非表示にする