読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

たいちゃん 2

大学を卒業して、新宿のメトロプロムナードは通らなくなった。

だからたいちゃんに会うこともなく、また地元で見かけることもなかった。

 

それからまた10年と少し経って、1歳になった息子を連れて、6月のお祭りに実家に帰った。

実家のあるマンションの1階はコンビニエンスストアになっていた。

息子を抱いて入ると、目の前にたいちゃんがいた。

 

たいちゃんは口髭を立てて、作業衣を着ていた。

少し太ったみたいだった。

作業衣の胸のところには、工務店の名前があった。

 

わたしは10年前に新宿で会ったときと同じに、彼の名前を呼んだ。

たいちゃんはまた「おお」といって、そのあと驚いた顔をした。

 

「こども」

「そう」

 たいちゃんは軽くまるめた拳で、息子の顎にちょっと触った。

「かわいいじゃん」

「うん」

小学生のときのように二人で目を合わせた。

 

会計が終わって、わたしは息子に手を振らせて、たいちゃんと別れた。

そのあとは、まだ会っていない。

 

広告を非表示にする