読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

sourire ── 微笑み

わたしには、とっさに感情を隠してしまう癖がある。

こどものころの環境によって、自分が感情を出すとなにかが壊れると思いこんだからだ。

感情を出しても、いやなものは去らないし、自分はどこへもいけない、という絶望も同時に感じていた。

 

感情を隠すには、無表情では足りない。

笑顔にならなくては。

それも嘘の笑顔ではだめで、心から微笑んでいなければ。

わたしがうれしくて微笑んでいる顔と、絶望して微笑んでいる顔は、まったく同じだった。

 

身の上のために最高にいやな思いをした瞬間は、21歳のときに訪れた。

泣きながらそこから飛び出していってもいい状況で、わたしはただ微笑んでその場にいつづけた。

 

こんなに時が経ってから、そのときのことをたまらなく悔しく感じている。

そこにいた大人全員の口に、でっかいぼた餅でもねじこんでやりたい気持ちだ。

 

でも、その時間、微笑んでいたわたしと、泣いて飛び出したわたしをそれぞれ平行宇宙に置いてみるなら、微笑んだわたしがこれまでに得たもののほうが、わたしの欲しかったものではないかとも思う。

 

おそらくは一生をかけた遠回りをしながら、わたしは、あのときもどのときも微笑んでいてよかった、と思えるところにゆきつくのだろう。

絶望が喜びに包みこまれて、次に開いたら消えている。

すべては喜びに変わる。

微笑みも重なって、一つになるだろう。

 

 

 

広告を非表示にする