読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

エレベーターホールで

昨年の10月、母が手術を受けて集中治療室にいたときのこと。

 

エレベーターホールで、おとうさんに連れられた3歳くらいの男の子に会った。

ポロシャツにダウンのベストを着て、ジーンズとスニーカーをはき、野球帽をかぶっていた。

まだ小さい体にそれらぜんぶがくちゅくちゅっと重なるようで、とてもかわいい。

 

彼がわたしを見上げて聞いた。

「なんでわらってるの」

わたしは、うーんとね、と間を置いてから

「かわいいから。元気がいいなと思って」

と答えた。

 

彼のほうは間を置かず、

「アイスかいにいくんだよ」

という。

 

「アイス。いいなー」

わたしにうらやましがられて彼は得意げ。

 

おとうさんがあわてて

「買わない買わない」。

 

おとうさんが割って入らなかったら、

「なんのアイス買うの」と続けて聞きたかった。

 

エレベーターがきたのでわたしが先を譲ると、おとうさんは、

「いえ、乗りません」と申し訳なさそうな笑顔。

 男の子に見送られてわたしはエレベーターに乗った。

 

エレベーターホールの横は周産期病棟だ。

察するに、彼はおにいちゃんになったばかりで、ママと赤ちゃんのお見舞いにきたのだけれど、退屈してしまってエレベーターホールで遊んでいたのかも知れない。

 

「なんでわらってるの」の次が「アイスかいにいくんだよ」という飛躍。

センスがいい。

元気がいいのは、アイスを買いにいくからだといいたかったのか、自分にとっていちばんいかしてることをいって、かっこいい感じを出したかったのか。

 

「かわいいから」じゃなくて「かっこいいから」といってあげるべきだったなあ、とちょっと後悔した。