羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

わたしの本棚

作家の本棚を撮影した写真集を見たことがある。

作家は読書家。

金井美恵子も「読んだから書く」という意味のことを書いていた。

 

わたしが読書らしい読書をしたのは小学校の5年生までだった。

志賀直哉の全作品を読んで、それは終わった。

 

わたしは、文章を書くことだけが好きで、文学作品を楽しむことにはほとんど興味がない。

読書するよりは、外へいってなにかを観察していたい。

人と接して、話を聞いたり、その人のさまを見ていたい。

それらを通じて自分が感じたり考えたりしたことを、言葉にして書いておきたい。

 

健康関係の本や、美容の本、編み物の本はクロゼットの中に積むほど持っているが、文学作品はいまは一冊も持っておらず、本棚にあるのは岩波国語辞典だけだ。

 

作家でもエッセイストでももの書きでもない、ただの言葉好き、ということなのかも知れない。

言葉を選ぶことだけが生き甲斐。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする