羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

小さなしるし

寝る支度をしていたら、ふいにある画像を思い出した。

脳裏にはっきりと映っている。

 

20年以上前に見た、大久保の商店街の洋菓子店の看板だった。

商店街揃いの、舗道の庇の下に掲げられた、四角い看板。

息子をベビーカーに乗せて、毎日曜日通っていた、教会から最寄り駅へ向かうときに見たものだ。

 

なんのために、その看板を覚えたのだろう。

目は一度見たものを忘れないのだろうか。

思い出していないだけで、いままで見たすべてのものは、脳に残っているのか。

 

この看板のことはいつか思い出す、とそのとき思ったのかも知れない。

教会へは一人で息子を連れていっていたから、かなり骨の折れる往復だった。

それでも、荻窪から国立に引っ越す前の1年間くらい、毎週通った。

 

看板を見て通るだけで、そこでお菓子を買ったことはない。

息子を乗せていたベビーカーのシートも目に浮かぶ。

なにかを思い出せといわれているような気がしてならない。

 

そのときの自分の気持ち。

途方に暮れていた。

毎日疲れきっていて、そのことを理解してくれる人がいなかった。

味方が欲しかった。

 

あのときがあったからいまがある。

もう疲れきることはないし、味方だっている。

看板はそのしるしなのかも知れない。

 

ここにタッチして、いまいるところに戻れ。

そこまで自力で歩いたのだ。

もうなにも怖れることはない。

 

広告を非表示にする