羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

銀座にて

ある友人と銀座のデパートに入った。

二ついって、二つとも地下の食料品売り場しか、いかなかった。

 

徹底してるなあと思ったが、自分はというと、新宿のデパートで1階の化粧品とヘアアクセサリーと香水しか見ない。

服は一つのブランドだけ、たまにのぞく程度。

地下の食料品売り場では決まったお菓子を買うだけ。

そして喫茶店には必ず寄る。

2回入ることもある。

 

友人とわたしとどちらが偏っているかというと、どちらも偏っているのだろう。

そして二人とも、それが楽しい。

どんな人にも楽しさと商品を提供するのが「百貨店」というものなのだ。

いまさらながらに感心してしまった。

 

それとは別に、自分と家族についての考えかたも、女性一人一人で違うのだということもわかった。

彼女はデパートにいても、家族の嗜好をつねに考えている。

家族は、あれは食べない、これは食べない、こういうものでないと納得しない。

そうやって買うものを選んでいる。

 

わたしは、家族の好きなものをおみやげに買って帰る、以上、だ。

その瞬間以外は自分のことしか考えていない。

自分の好きなもの、好きな雰囲気、好きな情報を取りこむためにデパートに遊びにいっているのだから。

 

こんな自分でよかった、だって楽しいもん。

そんなことを思いながら、彼女が食料品売り場で思案しているのを見るのも、また楽しかったのだけれど。

広告を非表示にする