羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

なぞの小鳥

このアパートに移ってきて2年半近く経つ。

当初から、上の階のどこかに小鳥がいるような声がする。

 

きゅ、きゅきゅきゅきゅきゅ...

きゅ、きゅきゅきゅきゅきゅ...

 

のリズムで聞こえてくる。

 

でも、鳥だったらもっと始終鳴くのではないか。

一日部屋にいるときでも、聞こえるときは聞こえるけれど、聞こえてこない時間のほうがずっと長い。

 

それに、鳥だったら、鳴き声にパターンはあるとはいえ、毎回、同じリズムということはないのではないか。

ホーホケキョ、だって、ケキョ、があとからくっついてきたり、ホー、ホケキョウ、と語尾を強調してくるときもある。

 

小鳥の声ではない。

とすると、なに。

水道管のウォーター・ハンマーか。

上の階の水回りが立てている音なのだろうか。

 

きゅ、きゅきゅきゅきゅきゅ...

きゅ、きゅきゅきゅきゅきゅ...

 

でも、小鳥にしておいたほうが楽しい。

いままで見たことのない色の小鳥。

こんな文鳥いるんですか、っていうような。

 

最近では聞こえてくると、ああ、自分の部屋にいるんだなあ、と落ち着きと安らぎを感じる。

 

きゅ、きゅきゅきゅきゅきゅ...

 

広告を非表示にする