羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

ゾロメのよろこび

その気になるとよく起こることの一つ。

時間を見ると、ぞろ目になっている。

始まると、一日に何回も見る。

 

きょうは、18:18と22:22。

最高は1日に5回だった。

 

車のナンバーも、777や7777を毎日のように見ている時期があった。

母の入院中、病院への往復のバスから見たのだった。

病状が心配な日も、7並びのおかげで気合いを入れて見舞いにいけた。

 

同じころ、買い物のレシートが1111円になったこともある。

ゲンかつぎは野暮ったいとふだんは思っているのだけれど、ほんとに出ると興奮するものだ。

レジの女の子と、きょうは二人ともきっといいことがあるね、と喜びあった。

 

日常のなかの数字のような、ランダムなものが揃うとうれしいのは、確率の低いものにラッキーがあるという感覚だろうか。

つまり、ラッキーは確率の低いものだと思いこんでいる。

 

車のバラバラのナンバーを見ると、今度は語呂合わせしたくなるのもわたしのさが。

目にするものに意味を持たせたいという欲求だ。

文科系ならではの「読解癖」かも知れない。

 

広告を非表示にする