読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

Why Mac?

先月来、友人二人から「Macの使い心地」について質問を受けた。

それぞれに、Macbook Airの購入を検討しているらしく、また二人ともこれまではWindowsを使っていたようだった。

 

Windowsからの移行はスムーズにいくだろうかという質問に対しては、19年間Macしか使ったことがないので答えることはできなかった。

わたしがコンピュータを買おうと思い立って、最初に相談した編集者は、いわゆるMac宣教者だった。

彼の辞書にはAppleMacintoshしかなかった。

それでわたしもその気になって秋葉原へいったのだけれど、、自分自身店頭でデスクトップを見たとき、Macのアイコンとフォントでないと操作したくないと思った。

悪口になってしまうけれど、Windowsのアイコンは平面的、フォントは角張っていて文字の線の肌理が粗かった。

 

それ以来、5台めだ。

いまのMacBook Airは、2年半使っている。

黒のキイは初めてだったが、すぐに慣れた。

ちょっと前からNのキイが擦れて文字が見えなくなっている。

Nってそんなに頻繁に使う文字なのだろうか。

 

Macのおかげで、頭のなかに浮かんだことがフレーズになるまでの時間が著しく短縮された。

文体もスピードによって変わったのではないかと思う。

あまりに速くて、いまは考えているのか書いているのか、自分でも捉えられない。

書くほうが先にいっているように思う瞬間もある。

 

WordとMailとSafariiTunesしか使っていなくて、スペックがもったいないことこの上ないが、これからもMacだけに10本の指を捧げることになるだろう。

 

 

広告を非表示にする