読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

痛みとともに

よそったばかりの豚汁に、お椀を持っていた左手の親指を突っ込んでしまった。

ラーメン屋さんのやる気のない店員みたいな形だと瞬間思ったが、そんなこといってられない熱さ。

豚汁って脂が溶けてるから、豆腐とわかめみたいなスタンダードなお味噌汁より温度が高いのではないだろうか。

立派にやけどした。

 

やけどには馬油が効く。

すぐにつけたのだけれど、痛みが引かず、いまも保冷剤から親指が離せない。

せっかくの豚汁を一杯分無駄にしたくなくてお椀を放り出せず、調理台に置くまでの数秒しっかり漬けていたからだろう。

 

それでなにがいいたいかというと、痛いところがあるとき、文章は考えられないなあと。

親指の腹、たったの切手半分くらいの大きさのやけどが痛いだけで、まともな文章が綴れなくなる。

 

人生の五分の四、ほとんど毎日文章を書いてこられたのは、わたしがそれだけ健康だったということだ。自分の体と、それを生かしてくれている生命の源に感謝しよう、

う、う、う、痛い。

 

今夜は早引けさせてください。

 

 

広告を非表示にする