羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

貸し切りの野望

隣町立川には映画館が二つある。

シネマシティ1とシネマシティ2。

わたしはもう7年くらい、ここの会員になっている。

年会費1000円で、平日はいつでも1000円、土日祝日は1300円で観られるので、大変お得だ。

 

が、しかし。

 

いまこれを書こうとしてサイトをチェックしてみて初めてわかったことなのだけれど、わたしが会員になったいちばんの動機であった、映画館貸し切り特典がいつのまにかなくなっていた。

そのために「プレミアム会員」というものになっていたはずなのに、プレミアム会員自体がなくなっていた。

ショック。

更新のときに案内はされていたのだろうが気がつかなかったなあ。

 

映画館貸し切りはわたしの夢だった。

なにかうれしいことがあったら、いちばん小さい劇場でいいから貸し切りにして、ともだちをみんな招待して映画会を開きたかった。

売店も貸し切りで、コーラとポップコーンはいくらでもお代わり自由。

大盤振る舞いの野望だ。

 

わたしがなかなか実行しなかったから、貸し切りががっかりして終わってしまったのだろうか。

野望は捨てていないので、ぜひ、復活して欲しい。

 

タイトルは、そのとき上映中のものならどれでもいいし、リクエストも可能のようだった。

過去の作品だとしたら、なにがいいだろう。

 

わたしのベストワンは『ミッドナイト・ラン』なのだけれど、みんなで観るにはむさくるしすぎる。

ゴーストバスターズ』もとても好きだけど、人によってはくだらなく感じるだろうし。

ホーリーグレイル』も同じく。

 

考えはじめると一晩がかりになるから、いま思いつくのをいおう。

スティング』はどう?

よかったら、きてね。

立川で待ってます。

広告を非表示にする