羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

句会から帰って

吟行句会第二回。

帰国している級友の歓迎行事でもあり、参加者のなかには高校卒業以来初めて再会する同士もいて、盛り上がるまいことか。

 

ランチをはさんでの散策とおしゃべり。

コアになる、作句の時間は15分ということで、中学入試以来(いったいいつの話だ)の集中力を使った。

 

そういうわけで、もうきょうは創作力が、ポンプタイプの泡ハンドソープが最後かすかすになって出てくるような状態。

詰め替え用をあした買ってこないと、もう洗えません、もとい、もう書けません。

 

ただ、創作にはどんなエネルギーを使っているのか、減りきったところでちょっとだけ考えてみた。

体力ではなくて、精神力でもなく、精力、という言葉を女性が遣うのはなんだから、恋愛力といいかえようか。

 

俳句の場合はとくに、恋する力のタンクから引き出している気がする。

ハートを使っているのだね。

心がトランプの一組なら、ハートのカードにつぎつぎ書いて出しているような。

これまた補充しないと、ババ抜きもできなくなっちゃう。

 

あしたは静養に努めます。

広告を非表示にする