羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

結果を出す

一年以上前、母がまだ冗談を連発していたころの話。

 

母とわたしと娘、三代でアパートでお茶を飲んでいた。

娘が高校でも大学でも、男の先生にかわいがられていると話すと、母は当然だという。

「そういう血筋なんだから。年上の男性に受けるのよ」

 

ただし、母は15歳年上の父に見初められて、それはそれは苦労をした。

わたしは、年上の男性に純粋にかわいがられて仕事のチャンスを得た。

血筋として前進はしたが、まだ特性を生かしきれているとはいえない。

 

そして母はいった。

「三代目で結果を出す」

 

つまり、娘には、リッチな年上男性を射止めさせ、玉の輿に乗せる、ということだ。

それでこそ三代目、初代と二代目の苦労がそこで実るのだ、と。

 

この血筋の外見的特徴は、色白、あっさりめの童顔、天然パーマ、骨細。

性格はそれぞれ違うが、怖いもの知らずなところは共通している。

三代目の飛躍を、二代目としても切に願う。

 

 

広告を非表示にする