読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

解題

母の見舞いに花を持っていった。

薔薇、カーネーション、ダリア、鶏頭、赤を基調にした小さなアレンジメントだ。

母は声を上げて喜んでくれたが、花の名前はもう覚えていない。

 

母はわたしの名前も思い出せない。

母がわたしに名前で呼びかけてくることはもうない。

続柄も忘れている。

母にとって、わたしは、名はなく、娘でもなく、ただ、とてもよく知っている人。

会えばうれしい人。

 

薔薇やカーネーションやダリアや鶏頭とわたしは、いってみれば同じだ。

名前がなく、そこにいて、母を喜ばせる。

外の世界では、花とわたしは決然として違うものだけれど、母の隣にいるときは、花もわたしも変わらない。

 

名前が、人と事物とを区別し、人と人とを区別する。

名前がなくなり、そのものの意味もなくなっていったら。

 

それでも、わたしは存在するだろう。

それでも、わたしは価値を失うことはない。

薔薇が、誰の前にも咲くように、相手がわたしを認めるか認めないかに関わらず、わたしはそこにいる。

 

 

母といて名のなき夏の花となる       郁子

広告を非表示にする