読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

夏はパナマ

ここ数年、パナマ帽を街でよく見かける。

男性はもちろん、女性もロングヘアをまとめてお洒落にかぶっていたりする。

 

パナマ帽をかぶるコツは、鼻からかぶることだと思う。

帽子を片手で縦に持って鼻にかぶせるようにして構えて、手首のスナップで頭にのせる。

こうすると目深に渋く決まる。

 

脱ぐときも、かぶったときのモーションを逆に、鼻先に向けて下ろしてくるとかっこいい。

真上に持ち上げると、村長さんの挨拶みたいになってしまうから要注意。

 

女性はつばの広いパナマ帽も素敵だけれど、男性の場合は、身長や体格とのバランスを見たほうがいいと思う。

日本人男性は、とくに横のつばは狭いものにして、正面から見たシルエットをタイトにして欲しい。

 

なぜいきなりこんなパナマ帽の講釈をしているかというと、好きだから。

銀座のトラヤのウインドウはいつ見ても魅力的だ。

男性の夏服は、パナマ帽をかぶってこそだと思う。

 

パナマ本来の色もいいし、白も素敵。

リボンも、紺、ワイン色、黒、グレイ、ブルー、茶色、ストライプ、どれもいい。

ただし、真っ赤は人を選ぶと思う。

 

そんなに好きなら自分もかぶればいいのだけど、紫外線対策で、夏は日傘のみなのであった。

願わくはまた銀座にいって、トラヤを見る前後に、かっこよくかぶりこなしている先輩方を拝見したいものだ。

 

広告を非表示にする