読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

コーヒーショップで

いつも立ち寄るコーヒーショップで、著しく痩せた若い女性が目の前を通りすぎた。

コウモリの翅を見るような腕がいたいたしい。


自分の過去の姿を思い出さずにいられない。

彼女の段階までは痩せなかったが、7歳から12歳までに3回繰り返した。

いまでも、尾骶骨は隠れない。

悲しいお尻のままだ。


彼女の家族や周りの人たちも、心配していることだろう。

でも、心配では救えないのだ。

おそらく。


わたしは紅茶を飲みおえて、街に出る。

痛みが胸に深く食いこんでくる。

どうしたら、彼女に丸い頬を取り戻せるのだろう。


わたしは、どうやって抜けでたのだったか。

親からは救いは得られないという、ある種の絶望を自分のものとしたからではなかったか。

これ以上自分の体を損なってはいられない、と決意したのでは。


しかし、じつのところはよくわからない。

体のほうがギブアップして、食べはじめたのかも知れない。


幸せになろうとする意志。

女らしく豊かに美しくなって、愛されたいという気持ち。

わたしは何十年も遅れて、いまそう思っている。


なんでもいい。

柔らかいシフォンケーキでも、フルーツが入ったきれいなロールケーキでも、かわいらしいパフェでも。

彼女の口に入って、幸せの種となりますように。