羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

fragile but unbreakable

「恋のためらい/フランキーとジョニー」(1991年・アメリカ)の、あるシーンを思い出している。

 

ニューヨークのダイナーのウエイトレス、フランキーは、刑務所から出てきたばかりのコックのジョニーに、熱く愛されてとまどう。

以前に同棲していた男性に暴力を受けたことに原因があった。

めげないジョニーに心がゆらいで、フランキーはうなじに残る傷跡を見せる。

男性にベルトで殴られたのだと。

ジョニーはそこにくちづけし、いま消えたよ、という。

 

わたしは、見るたびに、そこでフランキーといっしょに涙していたものだった。

いまは少し違う気持ちで、そのシーンをなぞっている。

 

殴る男性は実在していて、事実があって、傷も残った。

心のほうの傷はまだ開いていて、血が流れている。

殴られた女性は、その二つの傷とともに生きている。

 

しかし、それはほんとうに、そうなのだろうか。

体に傷跡はあっても、心に傷は、ついたのだろうか。

 

恐ろしかった、悲しかった、悔しかった、みじめだった。

いくつもの感情にさらわれて苦しんだことだろう。

怯えて過ごす時間は闇に覆われていたことだろう。

声にならない叫びに、自ら耳を覆ったに違いない。

 

でも、その人自身を、相手が傷つけることができただろうか。

心を、そのさらに内側の魂を、暴力で損なうことができただろうか。

 

わたしの心は傷ついていない、と思い直せたら。

魂の輝きは、少しも曇っていない、と気づけたら。

 

傷はついていないよ。

そういう人がもし現れたら、その人はほんとうのことをいってくれている。

理解されていないと悲しんだり、がっかりしたりするのは早とちりだ。

傷は僕には見えないよ。

うなじを見て、そういってくれる「ジョニー」もいるのだ。

 

体は傷つきやすい。

守りきれないこともある。

しかし、あなた自身は、壊れることはないし、ほんのかすり傷を受けることだって、けしてない。

 

顔を上げて。

愛されていることを信じて。

広告を非表示にする