羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

はじまりの町

みんなのはじまりのときが、一つの町で起こっていることを想像する。

 

はじまり町立小学校での運動会。

早朝の音楽室から聞こえるザイロフォン。

校門から出てくるアコーディオンの二人連れ。

 

小学校の隣には幼稚園がある。

水曜日の朝、コッペパンの入った白い袋を持ってはずんで歩いてくる男の子。

 

夏の夕暮れ。

駅前のマーケットでは女の子が魚の上の氷を見ている。

 

そこかしこに、たくさんのはじまりが息づく。

通りに、駅に、公園に、川辺に、雑木林に、家のなかにも。

 

会いましょう、はじまりの町で。

 

広告を非表示にする