読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

gigi

父が60代後半の頃の話。

同じマンションに住む、喫茶店の不良マスターと親しくつきあっていた。


マスターは、二軒の店を軌道に乗せ、三軒めを作りたいという。

ついてはマシンで淹れるコーヒーの専門店はどうだろう、小さいカウンターだけの店で、おとうさん(父のこと。あだ名に近い)と二人でやりたい。


マスターの奥さんと母とわたしは賛成した。

面白いじゃない、と。

おとうさんはなにもしなくても、座っていればお客がくる、とマスターもいう。

父はまんざらでもなさそうだった。


二人でやるんだったらさ、とわたしはいった。

「ジジ」って名前がいいと思うよ、綴りは「gigi」で、踊り子のイラストとデザインして看板にするの、フレンチカンカンで。


看板に惹かれて入ってくると、ジジ違い。

父もマスターも「いいねえ」と乗り気だった。


けっきょくそれは話で終わった。

80年代の半ばにマシンだけの店というのは、マスターには先見の明があったと思う。

わたしもマシンで淹れる泡立ったコーヒーは好きだ。


自分でそんな店が持てたらいいなあ、と夢を見る。

ジジやってるババといわれるかも知れないけれど。


広告を非表示にする