読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

mon oncle 3 リングは中指

大学を出てから、週刊誌の仕事で伊丹さんに会ったこともあった。

世田谷の自宅で、炬燵に入ってのんびりとインタビュー。

映画の話だったと思う。

下の坊やが、炬燵の周りを駆けまわり、伊丹さんに叱られていた。

 

映画監督になってからの伊丹さんは、藍染めの服やマオカラーの長いシャツを着たりして、雰囲気が変わった。

わたしはダークスーツの伊丹さんが好きだったなあ、と映像を見るたび勝手なことを考えていたものだ。

 

数年後、伊丹さんの映画のプロデューサーから連絡があった。

新しい映画の冒頭で、主人公の男女が出会うシーンを考えている、伊丹さんがあなたの本から台詞を起こしたいといっているけれど、どうだろう、と。

わたしは、OLの友人たちに取材した本の2冊めを出したところだった。

 

伊丹さんの仕事場は変わったらしく、待ち合わせたのは、六本木のキャンティだった。

プロデューサーと三人で話をした。

「このタイトル、ずいぶんとシビアじゃない」

伊丹さんはにこにこしていた。

彼は笑うと目が細くなって、瞼のふちがキラキラする。

「男性の編集者に反対されましたけど、ほんとにいたんです、そういう人、って引っ込めませんでした」

「台詞に使わせてくれるかな」

 

そのタイトルとは『お局さまのリングは中指』。

映画は『あげまん』だった。

わたしは承諾し、冒頭のシーンに使われた。

電車で宮本信子さんに痴漢にまちがわれた津川雅彦さんが、お前のような年増に触るもんか、抗弁する。

なんだい、物欲しげに中指に指輪なんかしやがって、と。

 

わたしはそんな揶揄を込めて書いたわけではない。

地下鉄のなかで、綺麗なルビーの指輪を中指にした30代後半のOLを見たのだ。

値の張る指輪を自分へのご褒美に買ったけれど、薬指にしたら出会いが遠のくから中指に。

そういう女心。

伊丹さんには通じなかったみたいだ。