羽生千夜一夜 

羽生さくる 連続ブログエッセイ

座高問題 part 2

今週の初め、映画を観にいったときのことだ。

プレミアム会員というのをもう何年も続けている立川の映画館。

インターネットで予約した座席についたら、前のおにいさんの座高が高く、かつ毛量が多く、スクリーンの中央下方にスタンダードプードルの頭部のような影が。

近年には珍しいもろかぶり、だった。

 

後ろをそっと振り返ってみると、わたしと変わらない体格の女性。

これでは座席に正座作戦は使えない。

彼女が見えなくなってしまうからだ。

 

「NO MORE 映画泥棒」を見ながら、わたし自身の座高をめいっぱい伸ばして、プードルの影をしのぐ体勢を模索する。

(ところで、映画泥棒を目撃したり自室でダウンロード泥棒したりしているポップコーン君は共食いどころか我食いをしているが、あの映像は12歳以下が一人で見てもいいものなのか)

 

本編が始まってからも、座ったままの背伸びを何度もし直すのだが、プードルの影は完全には越えられない。

気にしないようにと思っても、髪の毛の一本一本まで見えてしまうのがつらい。

映画を観ているのか、影と戦っているのかわからなくなってきて、もうなにもかも嫌になりそうだった。

 

そのとき、わたしの左隣のおにいさんが、にわかに前に身を乗りだした。
どしたの、なにか見づらいものがあった、と聞きはしないけど思っていたら、元に戻った。

と思ったらまた身じろぎ。

そしてなにかを決意したように、彼は立って出ていった。

 

お手洗いだったのか、としばらく待っていたが、帰ってこない。

深刻なお手洗いかな。

出入りする人は他にもいて、前の扉から二人入ってきたが、隣には誰もこなかった。

 

うーん、でもね。

わたしは思った。

買ったチケットと違う席に座るのはマナーとしてどんなものだろうか。

しかし映画はどんどん進む。

彼が立っていってから15分は経っているように感じた。

 

ええい、替わっちゃえ。

帰ってきたら謝るまでのことだ。

神様がくれたラッキーを受け取らなかったら、神様がっかりするだろう。

 

わたしはすばやくおしりを浮かせ、肘掛けを前方向にビヨンドして左の席にずれた。

はたして、プードルの影は、右の遠くに去った。

一つ違うだけで、視野は全く異なる。

さっきまでの厭世観は一瞬にして消え去った。

 

そして映画は終わった。

明るくなり、立ち上がると足元にはおにいさんのバッグがそのまま。

どこか後ろのほうで観ていたのだろうか。

ごめんね、そしてありがとう。

体には気をつけてね。

 

広告を非表示にする